2017-3-28 感動

chiy

 

2016年7月31日に膵臓(すいぞう)がんのため61歳で急逝した元横綱千代の富士・先代九重親方(本名・秋元貢)。

 

8月7日、東京・墨田区の九重部屋にて葬儀・告別式がしめやかに営まれた。

 

約1000人の参列者が別れを惜しみ、その後には一般のファンも焼香を行った。

 

A

 

 

師匠・千代の富士から部屋を継承した九重親方(元大関千代大海)の挨拶

 

「あまりに突然のお別れとなり、悲しくて、悔しくて仕方ありません。平成4年11月、私が初めて九重部屋を訪ねた日、師匠の圧倒的なオーラ、鋭い眼光を目の当たりにし『この人の下なら頑張っていける』と思ったことを今でも鮮明に覚えています。あの日から24年、私をここまで育ててくださり、心から感謝しております。師匠から教わった相撲道を、我々弟子たちが体全体にあらためて焼き付け、一生忘れることなく守っていきます。これからもずっと、天から見守っていて下さい。師匠、本当にありがとうございました」

 

 

千代大海は中学校時代、大変な悪童として有名だった。

 

2桁人数の高校生相手に単身で喧嘩して勝つなどの武勇伝を轟かせ、
大分県最大で九州でも1、2を争う勢力の暴走族を率いていたという。

 

どうしようもない札付きの悪だった千代大海。

 

そんな彼が、師匠・千代の富士と出会い、
更生をし、大関まで成長して恩返しを果たし、
亡き師匠の跡を引き継いで九重部屋を継承するという。

 

その師弟関係をご紹介させて頂きます。

 

 

千代大海龍二の武勇伝と経歴

※7分43秒の動画ですので、お時間のある時にご覧ください

 

 

そして、千代の富士の急逝に伴い、今後は九重部屋を継承することになった。

 

 

「1年前に“次はおまえが引っ張っていけ”と言われていた。名門のプレッシャーはありますが、頑張りたい」

 

「師匠から教わった相撲道を体全体に焼き付け、一生忘れずにこれからも守っていきます」

 

 

九重親方、部屋の継承を1年前に師匠と合意していた

 

3日に年寄「九重」の襲名と部屋の継承が発表された。実は先代師匠との合意は1年前にしていた。「次はお前が引っ張っていけと言われた。生前に話ができてよかった」。心の準備はできていた。

 

こわもての印象だった先代だが、弟子との交換日記が指導の特徴だった。ときには無料通話アプリの「LINE」でコミュニケーションを図り、自らの相撲道を伝えていた。「(先代)師匠と弟子たちがやっていたので、僕は見たことがない。若い子に見せてもらう」と、部屋と同時に指導法も受け継ぐ覚悟だ。

 

ウルフの流儀は体に染み込んでいる。「基礎をやらないと稽古をさせてもらえなかった。師匠の稽古というのは自分の体に焼きついています」。徹底的な四股とてっぽう。ガラスの肩と言われた脱臼癖を克服した腕立て伏せも伝統として残す可能性もある。

 

改めて亡き師匠を“父親”だと言い切った。直接、「お父さんのような存在」と言ったときは笑って背中をたたかれたという。それだけに「さみしい。悲しいし悔しい」。心に空いた穴を埋めるには九重部屋の強さを維持するしかない。

 

※出典:スポーツ報知

 

 

”怪物”とも言える二人の漢の熱い絆と継承。

 

九重部屋から、千代の富士伝説を引き継げるような大横綱が誕生することを願わずにはいられません。

 

閲覧有難うございます。よろしければシェアお願いします。

 

※スポンサーリンク

 

引用元:
https://youtu.be/1SX5SydtP7M
 

≪注目のビジネス漫画『BuRu is AppleMango!』≫

 

この記事が気に入ったら「いいね」してね!^^
※「いいね」ボタンの左側が「レ点」になっている場合はすでに「いいね」済みですので押さないでね!

 

 

新規コメントの書き込み