2017-4-16 思慮

長島昭久元防衛副大臣が離党した直後に、細野豪志元環境相が代表代行を辞任。細野氏は離党を否定したものの、地元の静岡県知事選(6月25日投開票)への出馬が取り沙汰されているという。都議選(7月2日投開票)の公認候補も民進党を見限り、次々に離党している。

 

安倍政権寄りのメディアは「離党ドミノ」「蓮舫降ろし加速」などとコキ下ろしているが、実際のところはどうなのか?

 

個人的には、こうした動きは野党にとって間違いなくプラスになると思っている。

 

そもそも長島氏は民進党所属でありながら、完全に自民寄り。細野氏も似たようなもの。

 

―――――――――――――――――――――――――――

 

民進党は倫理もへったくれもない軽薄な連中の寄せ集め。だから、腰が定まらない。自民党なのか、野党なのか曖昧な行動を平気で取る。だから、安倍首相を攻め込むチャンスが降って湧いても追い込めやしないのだ。官僚も使いこなせないし、ロクな職員を集められない。それで、ますます自民党にナメられ、議員はスキあらば自民党に移ろうとする。もとをただせば、自民党から立てなかった権力亡者の集まりだというのが、こういう時に露呈してしまう。

 

※出典:nikkan-gendai.com
―――――――――――――――――――――――――――

 

本当にその通りで、そんな党が野党第一党であることが今の日本の政治最大の不幸。だからこそ政治的権力を勘違いし自ら「立法府の長」などと言って憚らない政権が調子に乗っているのである。

 

―――――――――――――――――――――――――――

 

この際、どっちつかずの連中なんかほっぽり出して、反安倍に純化した方がよっぽどスッキリする。長島に続いて細野もいなくなるならチャンスだ。雑音を立てるやつらはみんな一緒に出て行けばいい。ついでに野田幹事長も連れて行ったらいい。自民党に大政奉還した裏切り者のA級戦犯。小沢一郎を追い出し、消費増税したド級のA級戦犯だ。そんな人間が幹事長のポストにのうのうと座っているなんて、冗談じゃない。

 

※出典:nikkan-gendai.com
―――――――――――――――――――――――――――

 

他の自民寄りの連中もまとめていなくなればいい。そうなれば民進党は完全に瓦解する。しかし、今の政治を変えるにはそれしかないだろうし大歓迎だ。

 

理想は「民進党瓦解 ⇒ 野党再編」が一気に進むこと。解散についてはいろいろ憶測もあるが、いずれにせよ次の衆院選を見据えて早急に野党再編に目途をつけていただきたいと切に願う。

 

閲覧ありがとうございます。よろしければシェアお願いします。

 

※スポンサーリンク

 

引用元:
https://www.nikkan-gendai.com
 

≪注目のビジネス漫画『BuRu is AppleMango!』≫

 

この記事が気に入ったら「いいね」してね!^^
※「いいね」ボタンの左側が「レ点」になっている場合はすでに「いいね」済みですので押さないでね!

 

 

新規コメントの書き込み