2017-5-31 怒り

 

これが真実なのだとしたら、この国はすでにトンデモナイ方向へ行っているのかもしれない…

そう思わずにはいられないような、恐ろしい記事を見つけたのでご紹介します。

 

————————————————–

 

 29日、元TBS記者でフリージャーナリストの山口敬之氏(51)に「レイプされた」と主張するジャーナリストの詩織さん(28)が、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見した。山口氏を不起訴処分とした東京地検の判断を不服として、検察審査会に審査を申し立てたことを明らかにした。

 

 山口氏は安倍政権の内幕をつづった「総理」(幻冬舎)などの著者。著書の中で、安倍首相と登山やゴルフに興じる昵懇の仲であることを明かしている。詩織さんは会見で時折涙ぐみながら、「山口氏が権力側で大きな声で発信し続けている姿を見たときは、胸が締め付けられた」と吐き出すように語り、日本の捜査のあり方に対して不信感をあらわにした。

 

 詩織さんが配布した資料などによると、“事件”のあらましはこうだ。

 

 15年4月、詩織さんは当時TBSワシントン支局長だった山口氏と都内で食事をした後に突然記憶をなくした。翌朝、目覚めると裸にされた詩織さんの上に山口氏がまたがっており、「自分の意思に反して性行為が行われた」という。その後、詩織さんは警視庁に被害届を提出。高輪署がこれを受理し、同年6月8日、逮捕状を手にした捜査員が成田空港で帰国する山口氏を、準強姦罪容疑で逮捕するため待ち構えていた。ところが、土壇場になって逮捕が見送られたという。その直後、「上からの指示があり逮捕できなかった」と捜査員から詩織さんに連絡があったという。

 

 山口氏は同年8月26日に書類送検されたが、昨年7月、東京地検は最終的に嫌疑不十分で不起訴とした――。

 

 詩織さんは会見で、「驚くべきことに、当時の警視庁刑事部長が逮捕の取りやめを指示したと聞いた」「私の知り得ない立場からの力を感じた」と訴えた。あくまで一方的な主張ではあるが、彼女は顔と名前をさらしている。相当な覚悟を持って会見に臨んだのは間違いなさそうだ。

 

■忖度で逮捕状を握りつぶしたなら重大問題

 

 それにしても、逮捕状を握り潰した“当時の警視庁刑事部長”とは誰か。この件を最初に報じた「週刊新潮」によると、第2次安倍政権発足時、菅官房長官の秘書官を務め、政権中枢に近いとされる中村格・警察庁組織犯罪対策部長のことらしい。だが、今の日本においてそんな“超法規的措置”みたいなことが可能なのか。元大阪高検公安部長の三井環氏がこう言う。

「準強姦事件の逮捕は警察署の署長の判断で行われます。そこに警視庁の刑事部長が口を挟んで待ったをかけたのなら異例中の異例だし、あってはならないことです。女性が会見で述べたことが事実だとしたら、公平公正であるべき日本の司法が歪められたことになる。もっとも、同様のことは、加計学園の獣医学部をめぐる問題に異を唱え、会見した前川喜平前文科次官に降りかかったスキャンダルを見ていても感じます。警察当局にしか集められないような醜聞情報が、政権に近いとされるメディアにリークされた。官邸が捜査機関を手駒のように恣意的に利用しているとしたら問題だし、捜査機関が官邸の意向を“忖度”して動いているとしたらさらに大問題です。この状況下で共謀罪成立なんて絶対に許されません」

 

 山口氏は自身のフェイスブックで、〈私は法に触れることは一切していません。一昨年の6月以降当局の調査に誠心誠意対応しました。当該女性が今回会見で主張した論点も含め、1年4カ月にわたる証拠に基づいた精密な調査が行われ、結果として不起訴という結論が出ました。よって私は容疑者でもありません〉と反論している。

 

※引用元:nikkan-gendai.com

————————————————–

 

私人だか公人だかよくわからない何処かの夫人じゃあるまいし、フェイスブックで反論て…。

山口氏もジャーナリストの端くれなら公の場で堂々と反論すれば良い。もしもこれが「虚言」であれば立派な『名誉棄損』なのだから。

 

現段階で真相はハッキリしていないが、女性の告発が事実であれば言うまでもなくとんでもない話。権力に近いあるいは親しい人間は犯罪行為さえも許される国だという事になる。
(そういや既に大臣室で現金(ワイロ)を受け取ったのに不起訴になった元大臣もいたっけ)

 

しかし、記事にもある通り彼女は顔と名前をさらしてまで堂々と告発している。これは女性として、よほどの勇気と覚悟が無ければ出来ないと思うのだが…。

 

ところが、なぜか大手のマスコミはこの告発会見をほとんどスルーしているらしい。

読売などはまったく触れていないそうだが、女性の名誉を賭けた覚悟の告発を「大した話じゃない」くらいに思っているのだろうか?

 

あなたはどう思いますか?

閲覧有難うございます。よろしければシェアお願いします。

 

※スポンサーリンク

 

引用元:
https://www.nikkan-gendai.com/
 

≪注目のビジネス漫画『BuRu is AppleMango!』≫

 

この記事が気に入ったら「いいね」してね!^^
※「いいね」ボタンの左側が「レ点」になっている場合はすでに「いいね」済みですので押さないでね!

 

 

新規コメントの書き込み